読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MTC攻略ブログ

Shadowverseの攻略記事・大会のお知らせなど書いていきます!

新規カード4枚採用【ブラッディ・メアリー軸ヴァンパイアデッキ】考察!

こんばんは、factokiです。

【ダークネス・エボルヴ】の新規カードが続々と発表されて、シャドバ界隈は盛り上がって来ましたね、そこで9/30日のアプデ後すぐに回せるように一足早く新規カードを入れた新しいヴァンパイアのデッキを考えてみました。

f:id:MTC_Shadowverse:20160930011227j:plain

ポータルが更新されてたんで、レシピに差し替えておきます。

デッキ名の通り、ブラッディ・メアリーを軸としたコントロールデッキとなります。

採用基準としては基本的に即時何らかの効果を発動、自傷をするカードを採用しています。

 

残り11枚はすべて【ダークネス・エボルヴ】で登場するカードになります。

 

ブラッディ・メアリー×3 コスト5 スタッツ4/5(6/7) フォロワー/レジェンド

f:id:MTC_Shadowverse:20160927013314j:plain

効果:自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。/進化前と同じ効果

 

今回ご紹介するデッキの軸となるカードです、こういうのを待ってた!って感じですよね、良いことしか書いてないですしスタッツも平均持ってるので5コストフォロワーとしても十分な上にこの効果ですよ、弱いわけがない。

 

動きやシナジーとしては

6PP:メアリー+蠢く死霊=2点

7PP:メアリー+鋭利な一裂き=5点

8PP:メアリー+漆黒の契約=6点

9PP:メアリー+鋭利な一裂き*2=10点

10PP:メアリー+鋭利な一裂き+漆黒の契約=11点

 

各PP時の現実味のある範囲での最高打点をまとめました、10PP時では鋭利な一裂き*2+蠢くで12点まで出せますが、終盤まで鋭利な一裂きを2枚確保しておくのは難しいと思うので漆黒と鋭利の2枚で11点にさせていただきました、また、9PP時も同じで鋭利が2枚確保できていない場合、ブラッドウルフで9点出ますが、守護がいた場合は7点です。

5PP時にメアリーを素出しして、生き残るようであればディーラーを置いたりして相手のライフに自分のライフの半分のダメージを与えたりするのも面白いかもしれないですね。

 

 

吸血姫・ヴァンピィ×3 スト2 スタッツ2/2(4/4) フォロワー/ゴールド

f:id:MTC_Shadowverse:20160922005326j:plain

効果:自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。【進化時】フォレストバット1体を出す。自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

 

かわいい見た目とは裏腹に2/2/2という平均スタッツにしてこの効果、フォレストバットが出るたびに1点ダメージを与える...正直に言って強いです、今までデッキにファイターを採用してた人は、すがる思いでヴァンピィちゃんを生成するレベルで強いと思います。

 

動きとしては

2Tに出すと処理される確率が非常に高いので、ブラッディウルフを持っているならウルフで顔面パンチかトレードした後に、3Tに貴き血牙と一緒に出すか漆黒の契約を置いて4Tにヴァンピィ+眷属の召還で2点与えるのが定石と言えると思います。

 

 

貴き血牙×3 コスト1 スペル/シルバー

f:id:MTC_Shadowverse:20160927011642j:plain

効果:自分のリーダーに、[相手の場のフォロワーの数]と同じダメージ。フォレストバットを[相手の場のフォロワーの数]と同じだけ出す。

 

1コストで相手の盤面のフォロワーと同じ数のダメージを受けて、同じフォロワー数自分の盤面にフォレストバットを出すカードですね、非常に使い勝手はいいと思います、デメリットのダメージとどう向き合っていくかが鍵ですね、今回のメアリー軸であればデメリットをメリットに変えられるのでいいですが、バットバーンデッキとかでは自分のデメリットよりも先に相手の体力を減らすダメージレースになるのでしょうか・・・

 

シナジーについて

たとえば8PP時相手の盤面にフォロワーが5体並んでいる場合、ブラッディ・メアリーを場に出してから、貴き血牙を3枚プレイして15点バーンとして使用する可能性もあります、対ロイヤル等であれば乙姫の後に積極的に仕掛けていきたいコンボですね、この例は極端な話で貴き血牙を3枚持っていないといけないので6PP時に3~5点を狙っていけるなら上記であげた蠢く死霊よりも優先度は高いです。

(※盤面が溢れる場合、2枚以降のプレイの場合の処理については現在確認中です)

 

 

鮮血の口付け×2 スト2 スペル/ブロンズ

f:id:MTC_Shadowverse:20160927011651j:plain

効果:相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復

 

単純でいて非常に使い勝手のいいスペルカードです、2コスト2点除去スペルでも十分なスペックなのに、自分のリーダーを2点回復してくれるので相手のリーサル圏をずらしたりすることも可能ですね、ただやはりヴァンパイアの特徴として回復が相手の盤面依存になってしまうのでテンポを取り返したい時や、アグロ相手に展開された時に使っていければいいと思います。

 

動きとしては

3Tに貴き血牙をプレイした後に併用して貴き血牙のデメリットを軽くしたり、単純に2点で落とせるフォロワーがいた時に使おうと思っています。

 

 

以上が現在(9/21)までに公開されている新弾のカードを採用した形のヴァンパイアデッキになります、個人的にはメアリーと漆黒の契約の6点バーンも魅力的ですが、序盤漆黒の契約等で引いた貴き血牙でメアリーと貴き血牙のOTKも魅力的だなと思いました。

既存カードの採用基準でディーラーとラウラが採用されているのは個人的な好みの問題です、ライフゲインを多めに採用して安定してコントロール寄りにしたい場合は、ワードローブレーダーや裁きの悪魔を採用してもいいと思います。

 

まだまだ新弾のカードは謎に包まれているのでアップデートの日である9/30日が待ち遠しいですね、自分はヴァンパイアがメインなので、早めにデッキを作りましたが新弾のカードを採用した冥府ドラゴンとかも面白そうだなと思いました、機会があれば他のデッキ考察もさせていただこうかなと考えております、興味があれば→@3y1_Y8rDC7こちらが僕のツイッターアカウントになりますので覗いてみてください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。