読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MTC攻略ブログ

Shadowverseの攻略記事・大会のお知らせなど書いていきます!

【シャドウバース】神々の騒嵐評価シート【ヴァンパイア全13種】

こんにちは、神々の騒嵐のカードがすべて公開されたということで!

久しぶりにブログを更新するfactokiです。

内容は、新規ヴァンパイア/のカード達を1~10で評価していきます!

他サイトやツイッター等でもすでに、トッププレイヤー達が評価されているとは思いますので、あくまでも個人的な評価という事だけ、ご理解ください。

 

では早速、フォロワー→スペル→アミュレットの順で紹介していきます。

 

フォロワー

f:id:MTC_Shadowverse:20170325222513j:plain

メイルストロームサーペント
8コスト 進化前:5/5 進化後:7/7
ファンファーレ メイルストロームサーペント1体を出す。
復讐状態なら、これを場が上限になるまで繰り返す。

評価:6 イラストアド:10

ヴァンプもついにOTKの時代に・・・っと巷で騒がれていたカードのメイルストロームさんです、3Tブラッドムーン→5Tバフォメット→6Tメイルストロームというムーヴが決まれば盤面にメイルストロームサーペントが4体並ぶ事になり、処理をされなければ20点リーサルができるというパワーカードです、しかし対策がビショップのテミスウィッチの破砕、新環境で追加されたドラゴンの竜殺しと、いろいろ決まり辛そうな印象があり中途半端な評価になっています。

とは言っても盤面を1枚で展開できる点は優秀で、素で出しても8/10/10でリスク分散が出来るので新環境では度々見ることになるでしょう。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325222904j:plain

ベルフェゴール
4コスト 進化前:4/4 進化後:6/6
ファンファーレ カードを2枚引く。
その後、復讐状態でないなら、
自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。

 評価:9 イラストアド:10

強い!強い!エロかわいい!強い!

書いてる事が強すぎる、まずスタッツですが4/4/4と平均値で進化後も6/6なのが強いですね、ファンファーレ効果も2枚ドロー出来る点、これは復讐状態に関係なくドローが出来るのでドロソとしても優秀です。復讐状態でないなら自分のリーダーの体力を10になるようダメージを与える効果ですが、ソウルディーラーとは違い10以下になることがないので、序盤リーサルを取られる心配は前環境よりは少ないと思います。

筆者が特質したい点は、ドローの効果が復讐状態に関係がない点ですねブラッドムーンを置いた次のターンでプレイすれば、体力を減らすことなく2枚ドローできますし、コスト自体も4と低めなので後半ハンドが切れた場合でも2枚ドローしてから色々と悪さができそうだなと考えています。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223023j:plain

ソウルドミネーター
7コスト 進化前:4/6 進化後:6/8
疾走。他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+0する。

評価:8 イラストアド:6

同コスト帯にアルカードがいてどちらも疾走なので、役割は同じでしょう。違う点はアルカードよりも攻撃的な効果になっている点でアグロ<ミッドレンジでの採用率は高いと思います。フィニッシャーにもなり得るので高評価です。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223129j:plain

愛の悪魔・ガレット
2コスト 進化前:2/2 進化後:4/4
相手は能力で愛の悪魔・ガレットを選択できるとき、
愛の悪魔・ガレットしか選択できない。

評価:2 イラストアド:7

効果自体は場面によって使える効果ですが、ヴァンパイアの2コスト帯が優秀なカードも多く、ガレットの効果が限定的なため低評価となります。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223153j:plain

バフォメット
2コスト 進化前:2/1 進化後:4/3
ファンファーレで攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、自分のデッキから手札に加える。

【エンハンス:5】その後、そのコストを-3する。

評価:6  イラストアド:6

ヴァンパイアクラス待望のサーチカード!

コンボパーツとして優秀で、デッキから攻撃5以上のヴァンパイアクラスのカードをサーチできる、エンハンスで使えばサーチカードのコストを3下げることが出来るので構築の幅がかなり広がると思います。構築次第ではバフォメットのサーチ先を確定することで今までではできなかった事が出来そうでちょっと楽しみですね。

ただ問題な点もあり、エンハンスで使う場合は5コストで盤面に2/1しか置けないと考えると大分心もとないですね。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223355j:plain

ヴラド・ドラキュラ
5コスト 進化前:4/5 進化後:6/7
進化後 自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに1ダメージ。

評価:2 イラストラド:7

 同コスト帯にメアリーがいるので、採用自体はされないカードだと思います。スタッツは悪くはないが、効果を出すには進化権を消費しないといけない所も低評価の理由ですね。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223453j:plain

カオスシップ
5コスト 進化前:3/4 進化後:5/6
ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。
復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す。

評価:6 イラストアド:8

カオスシップはデッキから持ってくるカードによって評価は分かれますが、サーチされたカードのファンファーレが発動しないことで悪さが出来るカードがあり、ブラッドウルフや糸蜘蛛の悪魔を出せれば強いと思います。このカードも構築によりますが、2コストの枠は糸蜘蛛の悪魔、ブラッドウルフ、レヴィオンデューク・ユリウスと優秀なカードとのシナジーの多さも高評価の理由です。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223608j:plain

糸蜘蛛の悪魔
2コスト 進化前:1/4 進化後:3/6
守護。ファンファーレで復讐状態でないなら、
自分のリーダーに2ダメージ。

 評価:7 イラストアド:10

新環境で確実に採用されるカードの1枚と言えるでしょう、デメリットはあれど2コストで1/4の守護持ち、対ビショップでの漆黒の法典などの対象にならない上にアグロメタはもちろん序盤での生存率が高いカードです。ただ、ヴァンパイア自体2コスト枠がパンパンなので構築を考えるのは難しくなりそうですね。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223657j:plain

フロッグバット
3コスト 進化前:2/2 進化後:4/4
自分のターン終了時、攻撃力を+1/+0する。

 評価:3 イラストアド:6

自身で攻撃バフが出来る点は優秀で実質3/3/2というスタッツなので使い勝手はいいと言える。ミッドレンジに入れても悪くはなく、処理をしないと次のターンで4/2になるので処理を考えさせるという点では採用される可能性はありますねぇ

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223754j:plain

人狼の突撃兵
4コスト 進化前:2/5 進化後:4/7
【交戦時】交戦する相手のフォロワーが守護を持つなら、
ターン終了まで必殺を持つ。

評価:3 イラストアド:5 

守護絶対殺すマン。同コスト・スタッツに裁きの悪魔がいますが、突撃兵は裁きと違って復讐状態に関係なく守護フォロワーが相手なら必殺がつくのが利点です。エンシェントエルフに対しての回答と考えるのが妥当な使いどころだと思います。

 

 

スペル

f:id:MTC_Shadowverse:20170325223906j:plain

生命奪取
6コスト
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
自分のランダムなフォロワー1体を+3/+3する。

評価:1 イラストアド:6

コストと効果を考えてもデッキに入れるか悩むカードですね、同コスト帯ではクイーンヴァンパイアやインプランサーと言った強力なフォロワーがいて、3ダメージを考えても鋭利な一裂きがありますし、生命奪取は盤面にしか干渉できない点でも採用自体怪しいカードです。採用してもピン刺しぐらいでしょう。

 

 

アミュレット

f:id:MTC_Shadowverse:20170325224018j:plain

ブラッドムーン
3コスト【カウントダウン4】
ファンファーレ 自分のリーダーは(体力が11以上でも)「復讐」状態になる。
この能力は、このアミュレットが場をはなれるとき失われる。

評価:8 イラストアド:10

新環境で悪さをすると巷で騒がれているカードですね、3ターン目にプレイしたとしてもテンポロスと言う方もいらっしゃいますが4T以降でシナジーを組めるカードが、裁きの悪魔・ディアボリックドレイン・黙示録etcと、とても強力なカードをプレイすることができますし順調にカウントダウンが切れるまで盤面に残っている場合6Tまで体力に関係なく復讐状態なので構築の幅が広がるカードと言えるでしょう。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20170325224050j:plain

黒死の仮面
2コスト【カウントダウン5】
自分のリーダーがダメージを受けるとき、そのダメージを0にする。
その後、このアミュレットのカウントダウンをそのダメージの分だけ減らす。
(黒死の仮面が2枚ある場合、それぞれのカードから減らす。)

評価:4 イラストアド:5

疾走など、相手からのダメージを肩代わりさせるのもいいですが、自分の自傷ダメージを肩代わりさせる使い方もできるので、構築次第では輝くかも?なカードです。期待値を込めての評価となります。

 

 以上が新弾【神々の騒嵐】で追加されるヴァンパイアクラス13種のカード紹介・評価になります。他クラスの新規カードとの対比はしていない個人的な評価ですが、新環境では秘術ウィッチドラゴンヴァンパイアが大暴れしそうな印象がありますね。

今回の追加でヴァンパイアは構築の幅が広がり2コストの組み方にはそれぞれプレイヤーの個性も出てきそうでとても楽しみですし、ブラッドムーンは賛否両論聞きますが4コスト以降6コストまで復讐で動けるのはやはり強いと思います、今まで日の目を浴びれなかった復讐ヴァンパイアも絶大な強化を得て大暴れしてほしいと思っています。

 

この記事以外のことでも何かご意見等ございましたら→@3y1_Y8rDC7僕のツイッターアカウントまで気軽にリプライください!

 

では今回も最後までこの記事を読んでいただいて本当にありがとうございました。