読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MTC攻略ブログ

Shadowverseの攻略記事・大会のお知らせなど書いていきます!

新規カード4枚採用【ブラッディ・メアリー軸ヴァンパイアデッキ】考察!

こんばんは、factokiです。

【ダークネス・エボルヴ】の新規カードが続々と発表されて、シャドバ界隈は盛り上がって来ましたね、そこで9/30日のアプデ後すぐに回せるように一足早く新規カードを入れた新しいヴァンパイアのデッキを考えてみました。

f:id:MTC_Shadowverse:20160930011227j:plain

ポータルが更新されてたんで、レシピに差し替えておきます。

デッキ名の通り、ブラッディ・メアリーを軸としたコントロールデッキとなります。

採用基準としては基本的に即時何らかの効果を発動、自傷をするカードを採用しています。

 

残り11枚はすべて【ダークネス・エボルヴ】で登場するカードになります。

 

ブラッディ・メアリー×3 コスト5 スタッツ4/5(6/7) フォロワー/レジェンド

f:id:MTC_Shadowverse:20160927013314j:plain

効果:自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。/進化前と同じ効果

 

今回ご紹介するデッキの軸となるカードです、こういうのを待ってた!って感じですよね、良いことしか書いてないですしスタッツも平均持ってるので5コストフォロワーとしても十分な上にこの効果ですよ、弱いわけがない。

 

動きやシナジーとしては

6PP:メアリー+蠢く死霊=2点

7PP:メアリー+鋭利な一裂き=5点

8PP:メアリー+漆黒の契約=6点

9PP:メアリー+鋭利な一裂き*2=10点

10PP:メアリー+鋭利な一裂き+漆黒の契約=11点

 

各PP時の現実味のある範囲での最高打点をまとめました、10PP時では鋭利な一裂き*2+蠢くで12点まで出せますが、終盤まで鋭利な一裂きを2枚確保しておくのは難しいと思うので漆黒と鋭利の2枚で11点にさせていただきました、また、9PP時も同じで鋭利が2枚確保できていない場合、ブラッドウルフで9点出ますが、守護がいた場合は7点です。

5PP時にメアリーを素出しして、生き残るようであればディーラーを置いたりして相手のライフに自分のライフの半分のダメージを与えたりするのも面白いかもしれないですね。

 

 

吸血姫・ヴァンピィ×3 スト2 スタッツ2/2(4/4) フォロワー/ゴールド

f:id:MTC_Shadowverse:20160922005326j:plain

効果:自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。【進化時】フォレストバット1体を出す。自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

 

かわいい見た目とは裏腹に2/2/2という平均スタッツにしてこの効果、フォレストバットが出るたびに1点ダメージを与える...正直に言って強いです、今までデッキにファイターを採用してた人は、すがる思いでヴァンピィちゃんを生成するレベルで強いと思います。

 

動きとしては

2Tに出すと処理される確率が非常に高いので、ブラッディウルフを持っているならウルフで顔面パンチかトレードした後に、3Tに貴き血牙と一緒に出すか漆黒の契約を置いて4Tにヴァンピィ+眷属の召還で2点与えるのが定石と言えると思います。

 

 

貴き血牙×3 コスト1 スペル/シルバー

f:id:MTC_Shadowverse:20160927011642j:plain

効果:自分のリーダーに、[相手の場のフォロワーの数]と同じダメージ。フォレストバットを[相手の場のフォロワーの数]と同じだけ出す。

 

1コストで相手の盤面のフォロワーと同じ数のダメージを受けて、同じフォロワー数自分の盤面にフォレストバットを出すカードですね、非常に使い勝手はいいと思います、デメリットのダメージとどう向き合っていくかが鍵ですね、今回のメアリー軸であればデメリットをメリットに変えられるのでいいですが、バットバーンデッキとかでは自分のデメリットよりも先に相手の体力を減らすダメージレースになるのでしょうか・・・

 

シナジーについて

たとえば8PP時相手の盤面にフォロワーが5体並んでいる場合、ブラッディ・メアリーを場に出してから、貴き血牙を3枚プレイして15点バーンとして使用する可能性もあります、対ロイヤル等であれば乙姫の後に積極的に仕掛けていきたいコンボですね、この例は極端な話で貴き血牙を3枚持っていないといけないので6PP時に3~5点を狙っていけるなら上記であげた蠢く死霊よりも優先度は高いです。

(※盤面が溢れる場合、2枚以降のプレイの場合の処理については現在確認中です)

 

 

鮮血の口付け×2 スト2 スペル/ブロンズ

f:id:MTC_Shadowverse:20160927011651j:plain

効果:相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復

 

単純でいて非常に使い勝手のいいスペルカードです、2コスト2点除去スペルでも十分なスペックなのに、自分のリーダーを2点回復してくれるので相手のリーサル圏をずらしたりすることも可能ですね、ただやはりヴァンパイアの特徴として回復が相手の盤面依存になってしまうのでテンポを取り返したい時や、アグロ相手に展開された時に使っていければいいと思います。

 

動きとしては

3Tに貴き血牙をプレイした後に併用して貴き血牙のデメリットを軽くしたり、単純に2点で落とせるフォロワーがいた時に使おうと思っています。

 

 

以上が現在(9/21)までに公開されている新弾のカードを採用した形のヴァンパイアデッキになります、個人的にはメアリーと漆黒の契約の6点バーンも魅力的ですが、序盤漆黒の契約等で引いた貴き血牙でメアリーと貴き血牙のOTKも魅力的だなと思いました。

既存カードの採用基準でディーラーとラウラが採用されているのは個人的な好みの問題です、ライフゲインを多めに採用して安定してコントロール寄りにしたい場合は、ワードローブレーダーや裁きの悪魔を採用してもいいと思います。

 

まだまだ新弾のカードは謎に包まれているのでアップデートの日である9/30日が待ち遠しいですね、自分はヴァンパイアがメインなので、早めにデッキを作りましたが新弾のカードを採用した冥府ドラゴンとかも面白そうだなと思いました、機会があれば他のデッキ考察もさせていただこうかなと考えております、興味があれば→@3y1_Y8rDC7こちらが僕のツイッターアカウントになりますので覗いてみてください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ネクロマンサー限定大会【第1回死霊祭】結果発表とデッキ公開!

f:id:MTC_Shadowverse:20160921220000j:plain

こんばんは、factokiです。

8月の吸血祭に続き、9月の大会[死霊祭]も無事終わりました。

中々記事を書く時間を確保することができず、開催が9/11だったにもかかわらず記事の作成が9/21と遅れてしまったことをまず謝ります・・・では、さっそく順位とデッキ公開の方をさせていただきたいと思います!

 

優勝:サボ[@oTAnnzHIvNUUjds]さん

f:id:MTC_Shadowverse:20160921221912j:plainf:id:MTC_Shadowverse:20160921221924j:plain

こちらが今大会の優勝者:サボさんが使用していたデッキになります。

1枚目がアグロで2枚目がミッドレンジです、両デッキについてコンセプト等伺いましたので紹介させていただこうと思います。

 

○コンセプト・立ち回りについて

「デッキの構築としてはアグロネクロが絶対的に多そうだったのでヒーリングエンジェルを採用したこと、死の祝福がかなりネックだと思うのでデモンストライクを両デッキに採用したことですかね。」

「ヒーリングエンジェルはかなり強かったです。死の祝福+ヒーリングエンジェルで盤面が変わったりしました、デモンストライクは使うタイミングを考えればかなり試合を優勢に運べました。」

 

インタビューへのご協力ありがとうございました!

デモンストライクを両デッキに採用し、ミッドレンジの方ではヒーリングエンジェルを採用したということで、僕自身最近は見るようになりましたが何分アグロが流行っているのでミッドレンジにヒーリングエンジェルを採用するのは珍しいなと感じました、決勝ではこの両デッキで2勝を勝ち取ったということで上手くミラーを意識できたデッキだなとお話を聞いていて関心するばかりでした!

 

準優勝:きょー[@zyumazoru_ika]さん

f:id:MTC_Shadowverse:20160921223952j:plain

こちらが今大会の準優勝者:きょーさんが使用していたデッキになります。

アグロが流行ってる中でコントロールでの参加でしたが、環境に流されることなく準優勝という実績を勝ち取れたのは素直に驚きました!

こちらもコンセプト等伺いましたのでご紹介させていただきたいと思います!

 

○コンセプト・立ち回りについて

「ネクロマンサーのミラーということで除去が多く飛び交いそうな環境だったので今回使用したネクロはコントロールネクロで除去、守護でターンを稼いでモルディカイでフィニッシュするというコンセプトをとりました。」

「試合運びをする際にはとにかく体力を残すことに気をつけました、守護を多く採用してるとはいえデモンストライクやカースドソルジャーのように守護を無視してくるカードを採用している人も多いと思われたからです。そのため多少無理をしてでも体力を温存して安全にモルディカイを出すように心がけました。」

 

インタビューへのご協力ありがとうございました!

お話を聞いていて、きょーさんはデモンストライクのケアの件やアグロが多いと思った件も含め、よく環境や傾向を考察されているなと思いました、実際大会ではアグロが多かったり優勝者のレシピを見てもデモンストライクの需要が高かったりと、上手くメタが刺さっているなという印象を受けましたね。

クロミラーにおいてモルディカイは死の祝福で耐える以外に処理をする術を持たないのでここを警戒されるプレイヤーは数多くいました、しかしモルディカイは8コストでアグロネクロであれば8PPになる前に試合を終わらせることができるので、8PPまで耐えるというコンセプトがよく分かるデッキ構築だと思いました!

 

 3位:ヒロバ[@Hiro_verse]さん

f:id:MTC_Shadowverse:20160921225422j:plain

こちらが今大会惜しくも3位:ヒロバさんのデッキです。

ローコストからミッド>ハイコストと各コスト帯のいい所を集めたデッキとなっています!アグロ寄りのミッドレンジと言ったところでしょうか...こちらもヒロバさんにコンセプト等をインタビューさせていただきましたのでご紹介させていただきます!

 

○コンセプト・立ち回りについて

「ネクロのミラーを意識してアグロ軸にしつつ高コストの守護やルシフェルを積みました。」

「死の祝福が多く使われるので嵐を入れました、気をつけたことは盤面を取られないようにすることですね。」

 

インタビューへのご協力ありがとうございました!

序盤のボードの取り合いを意識したアグロから中盤で高スタッツ守護を並べてボードを取り返すといった意識、終盤では死の祝福で守護をならべてルシフェルで回復しつつライフアドバンテージを取っていくといった考えられたゲームメイクが伺えますね。

ミラーということで盤面が拮抗するのは目に見えますし終盤では死の祝福合戦にもなり得るので、メタとして採用している腐の嵐,ゴーストライダー,深淵への誘い、特に後者2枚は珍しいですね、ゴーストライダーは自分の盤面に他のフォロワーがいればランダムでフォロワーに守護を与えることができるので、展開できていればアグロを止めることができるので理にかなっていると思いました!

 

 

以上が今大会の順位結果と、各入賞者のデッキレシピとインタビューになります!

32名という規模ではありますが、今回は全試合BO3ということで大会終了まで長い時間お付き合いくださって参加していただいた皆様、応援していただいた皆様には本当に感謝しています!また、私factokiはこういった大会を月1で開催しようと思っていますので興味がある方は→@3y1_Y8rDC7こちらを覗いてみてください!!

 

最後まで読んでくださって本当にありがとうございます!

【新カード情報!!】吸血姫・ヴァンピィの使い道・評価

こんばんわ、見た方もいると思いますが先ほどShadowverseの公式が画像付きでツイートしてましたね。

それがこちらの画像です。

f:id:MTC_Shadowverse:20160905192042j:plain

パッと見た感じとても強いですよね。

【吸血姫・ヴァンピイ】

・コスト2/攻撃力2/体力2

フォレストバットが1体出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

・コスト2/体力4/攻撃力4(進化後)

フォレストバットを1体出す。

フォレストバットが1体出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

 

これ強すぎませんかね?

普通進化は攻撃力も体力も+2/+2されますよね。しかし進化時に効果をもたらすカードは+1/+1なのですが吸血姫・ヴァンピイは+2/+2されフォレストバット1体出すので実質5/5でカナリ強いと言えます。2コスト帯で他のカードと比べてみましょう。

f:id:MTC_Shadowverse:20160905213340j:plain

このカードは進化すると自分のフォロワーが+1/0されます。ですが進化したのにルミナスナイトのステータスは+1/+1ですよね。これは進化時の効果が強いからです。

でもヴァンピイと比べるとどうでしょうか?同じ2コストなのに進化時のステータスが違いますよね?ここから先は言いませんがお察しください。吸血姫・ヴァンピイは強いのです。ヴァンパイアで2コストで5/5になるダークサモナーはデメリットがあるので吸血姫・ヴァンピイとは同じ土俵にたてません。

【予想】

・フォレストバットシナジーあるのでフォレストバットヴァンパイアとゆうデッキが作られる。

フォレストバットシナジーがあるカードを4枚紹介します。

f:id:MTC_Shadowverse:20160905210016j:plain

【眷属の召喚】

・コスト2

フォレストバット2体出す。

2PPの時に吸血姫・ヴァンピイを出しておけば3PPでフォレストバット2体出てしかも!相手のリーダーに2点!決まればかなり強いですね。(ヴァンピイちゃんが倒されなければ、、、)

 

次はこちらのカードです。

f:id:MTC_Shadowverse:20160905205933j:plain

【キラーデビル】

・コスト3/攻撃力2/体力1

ファンファーレフォレストバットを1体出す。

・コスト3/攻撃力4/体力3(進化後)

 

実質3コスト攻撃力3/体力2

まあ強いですよね。吸血姫・ヴァンピイを2PPで出しとくと相手のリーダーに1点ですね。(ヴァンピイちゃんが倒されなければ、、、)

 

次はこちらのカードです。

f:id:MTC_Shadowverse:20160905210119j:plain

【夜の群れ】

・4コストでフォレストバット2体出しつつ相手のフォロワーにフォレストバットの数と同じダメージ。

これもヴァンピイちゃんのシナジーありますね。

 

次のカードで最後です。

 

最後はこのカード!!

f:id:MTC_Shadowverse:20160905210210j:plain

【クイーンヴァンパイア】

・コスト6攻撃力4体力4

ファンファーレフォレストバット2体出し、自分のフォレストバットすべては守護を持つ。

これは吸血姫・ヴァンピイちゃんと組み合わせるとフィニッシャーにもなりますし場にたくさんのフォロワー出せますね。

例えば

・10PPで吸血姫・ヴァンピイを2体出しクイーンヴァンパイアを出すと相手のリーダーに4点!!強すぎるけどこれはロマンですw

 

最後に

・吸血姫・ヴァンピイちゃんは攻撃力2/体力2で優秀です。それにあのような効果があるとなると超優秀で今後の環境を狂わせるとまではいきませんが強いカードなのは間違いないです。シナジーがあるのは事実ですがヴァンパイアのレジェンドはまだ公開されてません。フォレストバットを出すことを軸としたデッキにはいると思いますがほかのデッキには入らないんじゃないかと思ってます。理由はブラッドウルフ、鋭利な一裂きが優秀すぎて、、、ですがほかの2コスト帯では上位の能力持ってます。(ヴァンパイア、ニュートラル)これはあくまで実装前の評価なので変わるかもしれません。

もしかするとフォレストバットヴァンパイアがダークホースになるかもしれませんので実装されたヴァンピイちゃんの活躍に期待しましょう!!

 

今後もダークネスエボルヴのカード評価をします。

Twitterで質問・気になったことを気軽に聞いてください!

Twitter@siruru_0809

最後まで見てくれてありがとうございました!

【勝率68%以上】アグロネクロ【おまけ付き】

こんばんわ、どうもmoaです。

最後におまけがあります。是非最後まで見ていってください(^^♪

今日、ご紹介するのは僕がAA0で使ってたアグロネクロの紹介です!

まずはレシピを見てください。

f:id:MTC_Shadowverse:20160903222600p:plain

こんな感じのデッキです。

アグロネクロといえばこのような構築をよく目にすると思います。

 106回対戦し勝率は68%以上でした。

 

【マリガン】

・マリガンはPPどうりに動けるようにしましょう。優先度は以下の通りです

1PPではカルビースト>スケルトンファイター>ソウルコンバージョン。

2PPではスパルトイサージェント>レッサーマミー>スカルウィドウ。

3PPでは腐の嵐以外ならどちらでもいいと思います腐の嵐キープはないです。

この優先度でマリガンすれば序盤はうまく動けると思います!マリガンでは1,2,3PPを狙ってください。

 

【戦い方】

・アグロなんでどんどんフォロワーを出してください。倒されなければ顔へ!進化権があるなら進化を使って顔にいくのもいいです!

 しかし下の画像のような場合処理する方がいいです。

f:id:MTC_Shadowverse:20160903225859p:plain

・6ターンくらいまでに相手のリーダーの体力を7点~11点にしたいです。そしてケルベロス→ファントムハウルで勝ちです。

・お互いの盤面に何もない状態で6ターン目に手札にガブリエルとGMD(ゴブリンマウントデーモン)があり進化権が余っていると僕はGMDを出し進化してエンドします。次のターン相手は7ターン目か6ターン目で攻撃力9出るフォロワーはスカルドラゴン以外見たことがなく使われてないフォロワーなので出てくるのはまずないです。なので次のターンにガブリエルをGMDにつけると9点与えれます!(必殺付与、ツバキ、ジャイアントスレイヤー、スペルは知りません)

この行動は怖すぎるけどこの行動をすることによってリーサルが近くなるのです。

この行動より強い行動があればそっちの方を取ります。例えば墓地が6以上あり死の祝福をするほうがいいです!2体盤面に残る確率が高く4点~8点顔にいけるからです。がGMDがなかなか主張が強く手札によく来ます。なのでこのような選択を取ったことが多かったので一応。

 

マリガンと戦い方は以上です。

 

突然ですがこの画像をみてください!

f:id:MTC_Shadowverse:20160903232948p:plain

こんな最速リーサルも狙えます(リタイアしてくれれば)

試合時間も短い時はすぐ終わりますし強いので是非使ってみてはいかがでしょうか?

わからないことや質問したいことがあれば気軽にツイッターで質問してください!

Twitter@siruru_0809です!

 

~おまけ~

 今日作ったばっかりのデスタイラントネクロも紹介します。

f:id:MTC_Shadowverse:20160903235604p:plain

レシピはこんな感じです。

ひたすら墓地を貯めつつ相手のフォロワーを処理することです!できるだけフェイスにダメージをいれ15点以下になり墓地が24以上あると勝利は目前です。

17点を一気に削った試合もありました。

f:id:MTC_Shadowverse:20160903235837p:plain

この画像は幽体化とココをつけて殴り勝利しました!

マリガンはPP順に動くこと・墓地を必死に貯めることのみで簡単なデッキなので気になる人は是非回してみてください!

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

今後ともデッキ紹介をしますのでよろしくお願いします!

 

【生成コスト21,050】祈りの集約をコンセプトにした集約ビショップ!

こんにちは、factokiです。

デッキ紹介の方では3度目の記事になります。

 

今回ご紹介するデッキは

f:id:MTC_Shadowverse:20160828140729j:plain

こちらの、[祈りの集約]というカードを軸にしたデッキです。

ツイッターの方で「現状開拓されていないカードはありますか?」と募集をかけたところ(8月25日)、ご意見を頂いたカードですね、確かにランクマッチではもちろんフリーでもあまり見かけることがないカードだと思います。

今回はそんな[祈りの集約]というカードを軸にしたデッキを紹介したいと思います。

 

f:id:MTC_Shadowverse:20160903140732j:plain

f:id:MTC_Shadowverse:20160903140747j:plain

こちらがデッキレシピです。

勿論ですが、キーカードは軸である祈りの集約

f:id:MTC_Shadowverse:20160828140729j:plain

上の方でも画像の方を掲載しましたが、改めてカードの説明をしたいと思います。

効果は「自分のターンのエンド時にこのカードのカウントダウンと同じコストの”カウントダウンを持つアミュレット”をランダムに1枚、自分のデッキから場に出す」と、言ったもので、利点としては”エンド時にデッキから場に出す”というところですね、ここが優れている点は追って説明します。

カード自体のカウントダウンは4なので、6PP時にプレイすれば10PPまで確実に1つアミュレットを場に出すことができます。

それに、ロイヤルのメイドリーダーみたいにサーチ系のカードは対象を固定することにより、その強さを増すと考えているので、僕のデッキでは祈りの集約でサーチするコスト帯のアミュレットを1種類に固定しています。

 

祈りの集約:カウントダウン4

f:id:MTC_Shadowverse:20160828142938j:plain

祈りの集約をプレイしてエンドしたら最初に出るコスト帯のカードですね、死の宣告はカウントダウンが1で相手の場のフォロワーをランダムで2体破壊することができます、素出しの場合4コスト使って相手の行動を待つ必要がありますが、集約によって出すことで実質0コストで相手の盤面へプレッシャーをかけることができます、その点が相手に動き辛い状況を作り出す集約の強みだと考えています。

 

他にサーチできるカードでは、

f:id:MTC_Shadowverse:20160828143459j:plain

[詠唱:清浄の狐]こちらもカウントダウンが1で4/5スタッツの守護持ちであるガーディアンフォックスを場に出すことができます、死の宣告も清浄の狐もどちらもカウントダウンが1なので相手からターンが移った段階で効果が発動します。

僕のデッキでは基本的にフィニッシャーに繋げたいのと、以降の動きをスムーズにしたいために守護で耐えるより除去を優先しました。

 

祈りの集約:カウントダウン3

f:id:MTC_Shadowverse:20160828143811j:plain

祈りの集約をプレイして2ターン目に出るコスト帯のカードです、こちらの神鳥の呼び笛はカウントダウン2とやや立ち上がりは遅いものの3/4スタッツの疾走フォロワーを場に出すことが出来るのでとても強力です。

例えば神鳥の呼び笛がカウントダウン2なので、相手からターンが返ってきてカウントダウンが1の時に、テミスの審判を使い盤面リセットをしてもアミュレットである神鳥の呼び笛は盤面に残り、次のターン疾走でフェイスだったり、相手のフォロワーを処理しに行くといった動きができます。

 

 他にサーチできるカードでは、

f:id:MTC_Shadowverse:20160828144640j:plain

[詠唱:白竜降臨]こちらのカードが同コスト帯のカードですね、神鳥の呼び笛と比べてカウントダウンが1多いですが、必然的にアミュレト過多になるデッキですので、

f:id:MTC_Shadowverse:20160828144925j:plain

こちらの[気高き教理]を入れて一緒に使えば、集約で持ってきた白竜降臨を1ターンで破壊し6/6の大翼の白竜を場に出すといったようなコンボも可能です。

僕のデッキの場合は盤面が弱くなりそうで、打点も稼ぎたいなと思ったのと枠の関係で上記の神鳥の呼び笛を採用した形になります。

 

祈りの集約:カウントダウン2

f:id:MTC_Shadowverse:20160828145253j:plain

祈りの集約をプレイして3ターン目に出るコスト帯のカードです、2コスト帯のアミュレットは上記のコスト帯に比べると多く存在しますが、どれも立ち上がりが遅いのとフォロワー系のアミュレットになり、最速で集約をプレイしたとして9Tのエンド時に出すアミュレットにしては強みを感じないのと、4コスト帯で出す死の宣告と同様の理由で異端審問を採用しております。

 

祈りの集約:カウントダウン1

f:id:MTC_Shadowverse:20160828145941j:plain

祈りの集約をプレイして4ターン目に出るコスト帯のカードです、こちらは文句なしに聖なる願いでしょう、試合中どこで引いても助かる1コスのドロソです、若干そのカウントダウンが重く感じることもありますが、うまく使えばハンド補充には困りません。

 

他にサーチできるカードでは、

f:id:MTC_Shadowverse:20160828150233j:plain

こちらの白翼への祈りでもいいのかな?とは思ったりはします、白翼への祈りはカウントダウン2で2/1スタッツの疾走フォロワーを場に出すことができます、後半で疾走を引けること自体強いと思いますし、アミュレットの構成を弄ればリーサル狙えたりする可能性も秘めていると思います。(※相手の場に守護がいなければ)

 

以上が[祈りの集約]からなるシナジーの紹介です、その上で重要になるのがこのデッキでのフィニッシャーですが、祈りの集約自体で勝利を目指せるかと言ったらそうではないので、ガブリエルサタンを採用しています。

 

○ガブリエル

f:id:MTC_Shadowverse:20160903140843j:plain

ガブリエルは集約の祈りと相性がよく、集約が6コストということもあり、集約を出して強化されたホーリーメイジに次のターンガブリエルで強化など、神鳥の呼び笛で出る疾走フォロワーである壮麗なる隼を強化するなどして、相手のヘルスを大きく削る大胆な動きができます。

 

○サタン

f:id:MTC_Shadowverse:20160828150620j:plain

「結局、サタンか・・・」と思われる方も多いと思いますが、祈りの集約とのシナジーもしっかり考えています、仮に6PP時に集約をプレイした場合、10PP時に聖なる願いが場に出る計算ですので、サタンをプレイした時にアポカリプスデッキのカードをより多くドローできるかと言った点を容易にクリアできます、集約はデッキからのサーチですので、サタンを出す前に3枚プレイしていなければ温存もいらないですし、手札にあった場合サタンが10PPなので切れないなどと言った心配もいらないのが利点です。

参考画像。

f:id:MTC_Shadowverse:20160828151033j:plain

このように盤面を有利に進めていくことも可能ですし、集約を出せば必然的に除去が強くなりますので、進化権の温存も割りと簡単です。

1コスト帯の白翼への祈りがアリかな?と思ったのもサタンを出した次にトップでアスタロトを引ければ疾走でリーサルを出せるかな?と思ったのが理由ですが1/10の確率に頼るのはさすがに現実的ではないですし、守護がいれば話が変わるので僕は聖なる願いの採用にしました。

 

その他のフォロワー

f:id:MTC_Shadowverse:20160828151500j:plain

その他のフォロワーで他のビショップと変わった点といえば、やはりホーリーメイジですかね、祈りの集約のおかげでデッキの構成がアミュレット過多になるのでホーリーメイジとは非常に相性がいいです、集約を出す前にホーリーメイジが盤面にいれば、集約で1回、ターンエンドで1回、と1ターンで2回強化することができ、以降4ターンは確実に1回強化をすることができます、4コス、2コスの時にはカウントが1のアミュレットが出るので盤面を圧迫する心配もありません、ホーリーメイジも影のフィニッシャーといった感じですね。

 

以上が今回紹介させて頂きました祈りの集約を軸にした集約ビショップになります。

個人的にツイッターの方で意見を頂かなければ、触る機会もなかったカードだとは思いますし、実際触って見るととても面白いカードだなと可能性を感じたのも事実です、今回の記事を書くにあたって何度もルームマッチや生放送の方で回してみて、相手からしたらとても動き辛いなぁと思いました、そんな感じで相手の動きに制限をかけていく感じのデッキになりますので興味がある方は是非とも参考にしてみてください!

 

今回も最後まで記事を読んで頂き本当にありがとうございました

今後とも面白そうなデッキがあればご紹介していきたいと思っておりますので、「このカードでデッキ作れますか?」等何でもいいのでご意見がありましたら@3y1_Y8rDC7こちらのツイッターアカウントにリプでもDMでもご連絡ください。

 

9月下旬アップデート!新弾【ダークネス・エボルヴ】発表!新カード情報も!!

こんばんは、factokiです。

本日2016年8月21日に遂に発表されましたアップデート情報をまとめようと思います!

ここでは新弾の情報を紹介していきます。

f:id:MTC_Shadowverse:20160821195313j:plain

9月下旬リリースされる新弾[ダークネス・エボルヴ]カッコイイですねぇ

みんなが待ちかねた新弾情報です!

2種類程カードの方も紹介されたので、こちらの方で紹介させていただきたいと思います。

 

1:ダークエンジェル・オリヴィエ(ニュートラル)

f:id:MTC_Shadowverse:20160821195555j:plain

画像にも書いてある通りで、使い切った進化権を3回進化できるまで回復するという効果だと私は解釈しております!

コストは9で終盤戦に強いといった印象を受けたのと同時に、私がオリヴィエをデッキに採用するならどのクラスが強いのかな?と考えた時、ドラゴンでの運用意外思いつかなかったですね!

例えば

騎竜兵3枚 ジルニトラ2枚 オリヴィエ2枚等入れたデッキで、

f:id:MTC_Shadowverse:20160821200243j:plain

6PP時に騎竜兵で手札のオリヴィエのコストを7にします、次のターンに7コストになったオリヴィエをプレイして、5PP、6PP時に使い切った進化権を上限まで回復します。

f:id:MTC_Shadowverse:20160821200345j:plain

次の8PP時にジルニトラを出してドラゴンを大量展開するといったような運用方法ですかね!そのまま9PP時にはファフニールを進化させてその、高スタッツで相手を圧倒するも良し!とにかくこの、ダークエンジェル・オリヴィエというカードはPP加速も出来るドラゴンと抜群に相性がいいと感じました!!

騎竜兵でコストを7に下げれば7/4/4とスカルフェインさんとスタッツが一緒になるんですよね・・・運営はこの運用方法を見越しての9/4/4なのかな?とも思いますね・・・仮に手札にオリヴィエがなかったとしても、騎竜兵でファフニールのコストを7にする動きも強いので、とてもいいと感じました!

 

2:ケリドウェン(ネクロマンサー)

f:id:MTC_Shadowverse:20160821200528j:plain

続いてはケリドウェン!

 ネクロマンサーのフォロワーになります!

効果は

進化時このバトル中(試合中)に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーをランダムに1体選択し、それと同名のフォロワーを場に出す。

ふと見れば複雑そうな効果ですが、よくよく考えて見ればとてつもなく強力な効果だと思いました!オリヴィエ同様ケリドウェンの運用方法も考えましたので、ご紹介させていただきます!

 

僕が考えた運用方法は、骸の王軸のデッキに採用するといった方法です。

f:id:MTC_Shadowverse:20160821201331j:plain

皆様も知っての通り、骸の王は専用デッキを組めば最速2ターンで出せます、そこで相手がロイヤルの場合3コストのスペル[ジャイアントスレイヤー]で簡単に除去されてしまいますが、回答を握っていない場合進化権も使えないので中々処理はされませんが、5PP6PP時になれば話は別で、エクスキューションなどの確定除去が飛んでくる場合があります。

そこでケリドウェンを進化させれば、除去された骸の王が場に出てくるという運用です!骸の王自体もコストが9なのでほぼ王しか出てこない思いますし、中々面白いのでは?と期待値が上がっております。

他にもツイッター上であがっているのは

f:id:MTC_Shadowverse:20160821201645j:plain

ケリドウェンでもモルディカイが増やせるのでは?

等と噂されていましたね、モルディカイはラストワードなので破壊扱いです、ですのでケリドウェンでもモルディカイは増やせると私は思いますが、元々ケリドウェンが5コストで8コストのモルディカイを出した後に進化権を残してまでそれをするならウルズで問題ないと私は思っています。

 

発表画面では・・・

f:id:MTC_Shadowverse:20160821202117j:plain

まだまだいろいろなカードが追加されるみたいで本当に楽しみです!

また、新弾以降の環境も大きく変わると思っています、個人的にはヴァンパイア使いなので左上のゴールドレアが気になる所ではありますね・・・ってかまたゴールドかい・・・ヴァンパイアがより一層ブルジョワデッキと言われそうですね^^

 

突発的なまとめでいろいろ不備があるかもしれませんが、ここまで読んで頂いて本当にありがとうございます!ツイッターの方ではテンションがあがりすぎて新弾のタイトルをダークネス・エヴォルブと間違えてしまって、とても恥ずかしかったです。

 

こういったデッキ考察等を考えたりしていますので、興味ある方は@3y1_Y8rDC7こちらのツイッターアカウントを覗いてみてください、以上factokiの新弾まとめでした!

第3回MTCトーナメント確定のお知らせ

こんばんわ。

トーナメントが確定いたしました。

詳しくはURLからご覧ください。

http://challonge.com/ja/n7qt9bw4

 

・対戦相手の方に連絡してどちらが部屋立てるか決めてください。

【参加者ツイッターID】

・クイーントマト【@Mrv80sQ7f8tAvhx

・driedfish【@driedfishadow

・C3【@ATSC_ppp

・banji【@jinsha0113

・だいち【@Solomon0001

・みょーん【@myo_n3510

・ソラちょす【@Sora_lpl_

・わっしょい【@maeb1113

・黒鍵【@1QWBrcMnJiXbKcV

・フィース【@daikidayoooooou

・いわい【@like4yasai

・ろーる【@rouruyugi

・板橋【@eguri26

 

大会を楽しみましょう!